TOP

スポンサーOvertex

私とモナコインの出会いについて語るよ

2014年7月7日が何の日だったか分かりますか。
実はテレビ番組のワールドビジネスサテライトにモナコインが登場した日です。

タイミングとしてはマウントゴックス事件の後のことで、ビットコインは破綻したとか詐欺とかな雰囲気が世間には色濃くあった時です。

そんな中で2014年1月1日にスタートした国産初の暗号仮想通貨としてモナコイン(番組表記ではモナーコイン)が取り上げられました。

と言っても地域通貨的な仲間内でだけ使える通貨のような扱いでした。
モナコインで山奥の土地を購入し、みんなで手作りのミニ神社を建立するという、ほのぼのした風景がテレビに流れました。

その後、私は番組内で紹介されたtipmonaのgivemeコマンドで毎日クレクレ行為をするというところから無料でモナコインをスタートしました。

モナコイン界は新参者にとても優しいです。
WBSを見た感想や番組の内容をブログ記事にして公開しただけで、tipmonaや記事末尾に書いておいたアドレス宛に幾人か方から投げ銭をいただきました。

▼当時のブログ記事

国産初の暗号仮想通貨「モナーコイン」の始め方&もらい方

7月7日のワールドビジネスサテライトで紹介されていた「モナーコイン」が面白そうなので始めてみました!始め方とコインのもらい方を解説するよ。 暗号仮想通貨といえば「ビットコイン」が有名ですが、Mt.Go
しゅうまいの256倍ブログ neophilia++

当時の私は、これからみんなで育てていく通貨とは、こういうものなのか!と痛く感心しましました。
通貨はたくさんの人が保有していて、初めて価値が出るものです。

私にとってはこの原体験がとても強いものになっており、いまではビットコイン2.0群のCounterpartyで自分のトークンを作って配っているところまで成長しましたが、初めての方には無料で配布しています。

モナコインに出会わなければ、ビットコインだけでは、今の自分はいませんでした。
だから、最初に取引所に登録をしたのはモナコインも買えるZaifだったのです。

==
ところで、このKataribeにはツイッターのようなフォロー機能があるようです。
上部の「フォロー状態」と書いてある右の人型アイコンを押すとフォローできますのでよろしくお願いします。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-03-10 03:58

コメント (0)